ファリネ

ファリネとテサランだとどっちがオススメか

更新日:

ファリネとテサランを比べてみる

比較検討
制汗剤の業界も活況を呈していて、新商品も年々発表されているようです。

特に手汗に特化した商品が続々と出てきたのが最近の特徴。

その中でファリネとテサランの2つは1種のライバル商品のようになっています。

そこで、実際にこの2つを購入した上で使ってみて、どちらが本当に良かったのかを判定してみることにしました。

双方を公式サイトで購入。間もなくほぼ同時に荷物が届きました。

さすがライバル商品というべきなのか、梱包の仕方までよく似ています。

本品を取り出すと、ファリネは黒い正六面体、テサランの方は栄養ドリンク剤のような細長い箱に入っています。

さっそく使ってみました。

ファリネの方ですが、使い方とポイントは——

・手を洗い、しっかり水気を切ってから、片手ずつ8プッシュする。
・指の間まできちんとつける。
・3時間ごとに改めてつけると1番効率よく汗が制御できる。

とのこと。

手にはたいてつけるタイプで、ベビーパウダーに似ています。形状といい、パウダータイプというところといい、独特の特徴を持つといえます。

続いてテサラン。使い方ですが——

・米粒大くらいを手に出す。
・1日に最低3回使う。
・手を洗うと落ちてしまうので、その度に塗り直す。

ということです。こちらはクリームがチューブに納められていて、手のひらに出して広げていく、というオーソドックスなタイプ。

両方とも有効成分として配合されているのはクロルヒドロキシアルミ二ウム。塩化アルミニウムよりはるかに刺激が少ないということで最近とみに配合されている成分です。安全性には問題ありません。

で、使った結果どちらが良かったかということなんですが……。

私個人としては、ファリネに軍配が上がります。

というのも、ファリネには即効性が備わっているから。

テサランというのは、手に毎日塗り込むことで徐々に有効成分が汗腺に浸透、それが積み重なることで手汗が出にくい体質に、という効果を狙っています。

それに対してファリネは、持ち歩きしながら使うことで即効性を発揮、という商品です。

つまりもともとその目的に違いがあるわけで、同じ基準で評価すべきものではないのです。

私がファリネの方がいい、というのは、その即効性という狙いを気に入ったからで、決してテサランが劣る、というわけではありません。

ということで、もし私と同様、即効性が欲しいというなら、ファリネ。体質自体を変えたいと思っているならテサランがベターな商品だと思います。

ファリネとテサランの違い

ファリネとテサランは手汗に特化した制汗剤として、いわばライバル商品。

似ている点は安全性の高いクロルヒドロキシアルミ二ウムを有効成分として配合しているところでしょうか。そしてもちろん相違点もあります。

まず成分に関して違うのは、ファリネが酸化亜鉛を配合しているのに対し、テサランはイソプロヒルメチルフェノールを採用しているところ。

ふたつとも殺菌成分で、どちらが優れているかについては個人差があるでしょう。

あと、テサランの方は、効果が72時間も持続するとしています。ファリネの方は即効性が持ち味なので、それほどの持続効果がありません。

そして販売方法にも大きな差があります。テサランは通常販売だけで、定期コースは用意されていません。

ファリネの方は定期コースがあり、購入するならこのコースを選ぶのがお得となります。

以上のように、この2つは内容だけでなく、売り方にも大きな違いがあるわけです。

ファリネの口コミ評判は?

-ファリネ

Copyright© 『本当に効いた!ファリネの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.