ファリネ

ファリネはamazonで買えるの?

更新日:

ファリネの有効成分について

成分をチェック
ファリネの全成分は以下のようになっています——

・クロルヒドロキシアルミニウム
・酸化亜鉛
・セリサイト
・セルロース末
・麻セルロース末
・チルハイドロジェンポリシロキサン
・メチルポリシロキサン
・トリメチルシロキシケイ酸
・アクリル酸アルキル共重合体
・天然ビタミンE
・ミリスチン酸マグネシウム
・タルク
・シリル化処理無水ケイ酸
・無水ケイ酸
・植物性スクワラン
・フェノキシエタノール

このうち、ミリスチン酸マグネシウム以下の6つの成分は調整用なので、実質的な薬用成分は上からの10個。

さらにファリネは医薬部外品に分類されるということで有効成分も入っていますが、それが「クロルヒドロキシアルミニウム」「酸化亜鉛」の2つになります。

まず、クロルヒドロキシアルミニウムですが、以前の制汗剤に含まれていた塩化アルミニウムという成分に代わって使われ始めた物質です。

制汗効果という点では塩化アルミニウムの方が上なのですが、問題はその副作用です。

塩化アルミニウムは肌に対する刺激が非常に強い物質で、日本の薬事法によって規制濃度は13%までと定められています。大量に肌に塗布すれば、敏感肌の人なら間違いなく痒み、炎症、湿疹などを発症してしまうでしょう。

日本の薬事法が適用されない外国の制汗剤の中にはこの塩化アルミニウムを25%も含むものがあり、肌トラブルの副作用が報告されています。

クロルヒドロキシアルミニウムは塩化アルミニウムよりはるかに刺激が少なく、制汗作用も十分にあります。

また大きなメリットは、成分をナノ化することが可能だということ。ファリネでは、エクリン汗腺(手汗の分泌腺)よりも細かい粒子に加工することで制汗効果を高めています。

そして酸化亜鉛。穏やかな消炎作用を持っていて、肌トラブル全般に効果を発揮する物質です。また紫外線を分散させるという特性を備えているため、日焼け止めクリームにもよく配合されています。

汗対策では、クロルヒドロキシアルミニウム同様、タンパク質と反応することで汗腺を防ぐ効果があり、制汗剤の基本的な成分となっています。

また極めて安全性が高いことでも知られていて、ベビーパウダーにも盛んに配合されているほどです。

これらの安全な物質が有効成分ということで、ファリネは肌が弱い人にも安心して使える商品になっています。

ファリネを手に入れるなら公式サイトで

ファリネは手汗に特化した制汗パウダー。ネット上の口コミでもその効果を高く評価する人が多く、密かなベストセラーとなっています。

ただ通販専門の商品となっていて、薬局やドラッグストアといった実店舗で買うことはできません。

大手通販サイトの楽天、Amazonでも取扱ってはいますが、転売の業者も多く、手を出さないほうが無難です。

おすすめしたいのは何といっても公式サイト。

公式サイトで定期コースを申し込むと、通常価格8,890円(税抜)が2,667円(税抜)となり、6,223円も安くなります。おまけに送料も無料。

ただ最低3回は継続する必要がありますが、手汗はなかなか治らないものですから、絶えず商品が手元にある方が心強いでしょう。

お得にファリネが手に入れられる公式サイトの定期コースをぜひ利用しましょう。

ファリネへのみんなの口コミはこちら

-ファリネ

Copyright© 『本当に効いた!ファリネの口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.